VR VRmod 注目記事

【PCパーツレビュー】RTX3080tiならVRmodは快適か?

10月 17, 2022

快適にプレイするために

昨今のゲームの推奨環境が上がってきており、当ブログの一押し
VRmodを使用したゲームが、いよいよ快適にプレイ出来なくなってきました。

世間ではRTX4090のレビューが上がり、かなりの性能アップが叫ばれています。

が、30万超のグラボは流石に買えない・・・

なので15万のRTX3080tiを購入しましたw

VRmodでプレイしたいゲームがある方は
参考にして頂ければと思います。
※PCゲームとグラフィックボードの相性が出たら困るので、私はNVidia派です。

問題のREALmods・・・

そういえば何故か、最近サイパンVRmodの
ページのアクセスが増えていましたが、
アニメがヒットしてたり、
バージョンアップされていたと先日知ったばかりです・・・

REALVRmodsにおいてCYBERPUNK2077、Ghostwire:Tokyo、EldenRingは
元々推奨環境が高いため、重たいゲームが大半を占めており
私のPC環境では、フレーム落ちしまくるので厳しい。

そういった現状から、どのクラスのグラフィックボードであれば
快適にプレイ出来るのか?という観点で比較します。

比較対象は、GTX1080tiRTX3080tiです。

しかし、先に結論を言っておくと・・・
mod自体が導入時にプレイ環境を判定するため
全く同じ環境で比較が出来ずに、ある意味失敗しました。
※導入時のバッチが最適な解像度を設定します。
結果だけ見たい方は、下の方でグラフにまとめましたのでご覧ください。

GTX1080tiで調査

CYBER PUNK 2077

久しぶりにサイパンを起動しましたが、
今回再インストールし導入した結果、
解像度1056×1056 fps90前後

解像度が1056×1056に固定されていますw
うわっ…私の解像度、低すぎ…?

とネタはさておき、どれだけ重いのか(´・ω・`)

こちらは、Pico4+VDで起動。
聞いていた通り、Quest2と認識されるようです。

視点の移動に、処理が追いついておらず
実プレイ上では、激しく頭を振ると遅延が凄い

そしてジャッキーの顔が認識できないほどの低解像度w
自動判定で快適度に極振りされているようで、
fpsを維持するために、テクスチャ等諸々が犠牲に・・・

Ghostwire:Tokyo

解像度2700×2160 fps35前後
何故か結構な綺麗さに判定
ただし、著しくfpsが落ちています。
35前後とガクガクです。

ちなみにこれはQuest2+AirLinkですが、
Quest2+VDでやると、解像度やfpsは変わりませんが
視線追従に遅延が出ます・・・

ついでにPico4+ストリーミングアシスタントでプレイすると
ステータス画面やマップ等が表示されず詰みますw

FF7IG

解像度2432×2432 fps85前後
何とかプレイ出来るぐらいは快適

EldenRing

解像度1696×1696 fps90前後
こちらもサイパンに続きfps重視で解像度が落ちてます。

Stray

解像度2700×2160 fps90前後
動作的には一番軽め、ただ街中だと下がるかも

Horizon Zero Dawn

解像度2432×2432 fps50前後
予想より解像度判定は高いけどフレーム足らない

いざ換装!RTX3080Tiで再調査

無事換装出来ました!
今回はグラボ自体の重量が重くなっているため
長尾製作所のサポートステイを使用しています。

本当、今のグラボ物理的に重いんですよ・・・
縦置きしたら、そら歪みますよ(´・ω・`)

RTX3080ti

CYBER PUNK 2077

解像度2432×2432 fps90前後
モザイクになっていたジャッキーも元通りにw
およそ快適にプレイ出来るようになりました!

Ghostwire:Tokyo

解像度2700×2160 fps80前後
ここまで来れば普通に遊べます!
街並みが綺麗かつフレームまぁ足りてる感じ

FF7IG

解像度2432×2432 fps90前後
あまり変わりませんが、fpsは上がりましたね。
1080ti時と比べどちらも問題はないようです。

EldenRing

解像度2160×2160 fps90前後
安定したフレームで解像度アップ!
流石に普通に遊べます。

HorizonZeroDawn

解像度2432×2432 fps90前後
ほぼ最大fps張り付きで快適さアップ!

REALmods調査まとめ

軒並み自動判定で設定が高く判定(EldenRingだけ指定式)
およそのゲームで快適なプレイが出来るようになったと言えます。

ついでに各ベンチ

こちらは前回CPUを交換した際にも撮ったベンチです。
ご興味があればご覧下さい。↓

追記)Pico4でプレイした場合

Pico4+VDプレイした時ですが、特に画面がブレるというか、
右の液晶だけワンテンポ処理が遅延したりします。

このワンテンポの遅延が強力にVR酔いに作用し、
プレイがキツイので、REALmodsはQuest2がおすすめ(´・ω・`)

Pico4の本体の方が、軽いので遊びやすいのですが
それより酔いが来る方が・・・

VRゲームにおいて高いグラボは正義!

長々と各種結果を貼り付けてきましたが、結局

VRゲームをするなら高いグラフィックボードが必要!

という事が改めて身に沁みました(´・ω・`)

次のグラボは、また5年後くらいに買換えかなと・・・

それでは、ここまでご覧頂きありがとうございます。
次回もよろしくお願いします!



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KeiN

VR業界が何となく盛り上がってきたので
当ブログを開設しました。
訪問頂いた方、ありがとうございます。
QuestproもPSVR2ちょっと買えませんね・・・
Quest3に期待するしかない

自己紹介

-VR, VRmod, 注目記事