Oculus VR

日本製VRRPG「RUINSMAGUS(ルインズメイガス)」支援済

9月 28, 2021

期待の日本製VRゲーム登場

今年7月末より9月上旬まで、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」(https://camp-fire.jp/)にてVRゲームを制作する企画で支援募集がされていました。
こちらのページ(https://camp-fire.jp/projects/view/384396)になるのですが、私は開始数日前にたまたまニュースサイトでこの企画を知り
当日に支援させて頂きましたが、無事予定額の3倍超で成功となりました。
開始初日で目標金額を達成していたのですが、3倍となったのもおそらく日本のVRゲーマーが望んでいた企画だからでしょう!
それと、VTuberさんたちがアンバサダーになって盛り上げられていました(オメシス含め色々な方の動画を拝見させて頂きました。

VR元年から日本VRRPG不在の5年

当ブログでは、「PSVR」や「OculusRift」「HTC VIVE」の発売がされた2016年を暫定で元年扱いとさせて頂いています。
もちろんホラーやFPSみたいなものは数多く発売されており、「バイオ7」は日本製VRゲーの代表作と言えます。
※余談ですが、日本製のゲームはほぼ購入しています「ソードオブガルガンチュア」「東京クロノス」「ALTDEUS」「ラストラビリンス」等一通りプレイしています。
ソードオブガルガンチュアも、現在はRPGといっても間違いないのですが剣劇ステージクリアタイプなのでVRアクションと認識しています。

VR元年当時からのゲーマーが待ち望んだ、VRの日本製RPGは結局今現在まで家庭用では発売されていません。
「SkyrimVR」「Fallout4VR」も確かに面白い!でも何か足りないという気持ちでした。(既に発売されていた元ソフトをプレイしていたというのもあります)
別の記事でも記載しましたが、我々日本ゲーマーは基本的にわざわざ英語のゲームをしないと思っています。
それにアミューズメント施設では、DQVRがありますが家庭用では望み薄でしょう。。。
かけれる製作費と購入されるだろうユーザー数がマッチしていない(=馴染みの日本メーカーから発売されない)のは容易に想像できますが、悲しい現実です。

制作する方々も同じ気持ちだった模様

企画ページ内でも、語られていますが支援された方々も同じ考えを持っていた事でしょう。
当然、私も同じだったので微力ながらの支援をさせて頂いています。

私は今のところVRアクションで相性の良いのが、銃撃や魔法といった遠隔での攻撃手段と思っていて、
近接武器メインのゲームもありますが、日本の屋内スペース(=思う存分動けない)や手応え的(コントローラーの振動のみ)なものでもう少しという感じです。
こちらの作品は主に魔法が攻撃手段となっている様ですので、そういう考えとも合致していると勝手ながら思っています。
そして当ブログの方針(VRゲー遊ぶぜ!)により、製品版発売までもう少しかかると思われますが早速の記事にさせて頂きました。

クラウドファンディングの面白いところ

開始当日で目標金額に達成したこちらの企画ですが、更に支援される方が集まります。
その結果、登場するキャラクターに声優さんが起用される等のプラスαがされていきます。
募集期間の間、Twitter等でユーザーさんたちの反応をチェックしていたのですが、
こういったクラウドファンディングが達成する企画って、早い段階で達成する事が多い印象でした。早い=勢いがあるという感じでしょうか。そしてストレッチゴールの内容が追加(声優さん起用等)されていき、
募集最終日には、制作されているCharacterBankの社長さんが生配信をされていたのですが、想定を超えたとおっしゃっていました。ユーザー側としても、参加してる感があり非常に楽しめました。

リターンに期待!

現在、Youtubeでは主にVtuberの方の先行体験版の動画を見る事が出来ます。
ただ見てるだけじゃなく、自分もやってみたいと思っていました。
そうしたら、なんと支援者へ体験版を配布されるとの事!
今から非常に楽しみです。
こういうところも、クラファンならではでしょうか。
ちなみに、販売予定プラットフォームはOculusとSteamとなっていますが、
クロスバイになってくれたら良いなと思い私は「Oculus」版を希望しました。
個人的にはやり込み要素としてハクスラ要素がとっても欲しいですね。

日本製VRの今後の可能性を見る

こちら公開された2ndトレーラーになります。
主に遺跡が舞台という事で、機械的なエネミーが多そうです。
ストーリー的には敵対する組織?みたいな勢力もありそうですね。
対人戦闘もありそうです。先行体験版でのボスは盗賊のようでした。
見る感じ生物的な敵が見られませんでしたので、本作はいないのかな。
そういうのが苦手な方(えてしてグロい描写があるゲームが多いので)にも安心といった感じですね。

果たして、現在のVRゲーマーに受け入れられるのか?(私は当然Yesと思っています)
日本のVRゲーム業界注目の作品となります。

ここまでご覧頂きありがとうございます。
支援者への体験版が配布され次第、レビューをやります!
これからもよろしくお願いします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KeiN

VR業界が何となく盛り上がってきたので
当ブログを開設しました。
訪問頂いた方、ありがとうございます。
メモリ増設したらVRゲーが出来なくなりました
メモリは最初から積めるだけ積みましょう
自己紹介

-Oculus, VR