Oculus VR

Oculus Air Link 設定の解説※起動しない場合の説明追記

9月 21, 2021

目次

※2022 v37アップデートからAirLinkは標準機能となりました

自分が当たってしまったトラブルをまとめてページ下「自分が確認したトラブル」に追記しました。目次から直接飛びますので、トラブルにあっている方の参考になれば幸いです。
ちなみに現在のバージョンになってから、Quest2側でAirLinkを起動→Oculusアプリが立ち上がらない→Quest2側に戻るという事が頻発していますw
しつこくAirLinkの接続をしたら接続出来ますが、その都度試行回数も変わるので不安定さが上がってます。
また、Quest側での画面表示が以前と変更されていますので、当記事内の表示と違うところがありますがご了承下さい。
※現在Oculusアプリのベータ欄より表示が無くなりおそらくQuest側での制御のみになってるっぽいです。

それと何だかんだで上記画面の
Oculusアプリの「Oculusを再起動」で復旧する事が多いです。多分Oculusのプロセスが悪さしてる感じ…
※追記
録画状態で繋がらない事象が発生して確認が出来たので「自分が確認したトラブル」の項目に追加しました。現状、一番発生しているものになります。

Oculus Air Link とは?

OculusQuestでは発売後に、大変便利な機能が追加されました。それがOculusLinkという機能です。ざっくり言うと、PCVRの機能がQuest本体で使える様になるものです。
これによって、PC版のOculusアプリのゲームやSteamVRのゲームが遊べるようになりました。
最初は有線で直接PCのUSBを介して接続する機能だった為、私は先んじて無線で接続できる様になっていたQuestアプリ版の「VirtualDesktop」を使用していたのですが、
その後の本体アップデートで、ついにローカルネットワーク内の無線を介した接続のAirLinkにアップデートが出来る様になりました。
特定のゲームによって動作不安定な部分がある為、状況によって使い分けています。
※Linkではトリガー連打が認識されないというのがかなりのユーザーさんから言われています。

Oculus Air Link のメリット

最大にして最強のメリット「無線」になる事です。
PSVRのケーブルに絡まる、OculusRiftのケーブルに絡まる等々、有線という事がVR環境を使用して一番の難点でした。これが無くなることによって、快適さが段違いになりました。
もう有線でのVRは出来なくなったといっても過言ではありません。
余談ではありますが、「PSVR2は1本のケーブルで~」等と公表されており残念で仕方ありません。(ですが購入はすると思います)

快適に遊ぶには

この「OculusLink」という機能ですがお使いのPCの性能によって快適さが違います。更に「OculusAirLink」であれば、使用されている無線環境にも影響を受けます。
以下の推奨スペックを記載します。

Component Recommended Specs
CPU Intel i5-4590 / AMD Ryzen 5 1500X 以上
グラフィックボード 2021年現在のグラフィックボードであれば問題なし
※内蔵GPUは無理です。起動しますが、全く遊べないほど処理落ちするはず
メモリ 8 GB+ RAM

参考までに、現在の私の「OculusAirLink」使用の環境を記載しておきます。
ちなみに2022年現在、グラフィックボードは未だに高額ですがRTX3060以上をおすすめします。

OS: Windows10home
(Oculus特有のASWという機能が、Windows7では使用出来なかった為に直ぐにOSごとアップデートしました)
CPU: intel core i7 6700k
メモリ: 16GB
SSD: 1TB(HDDより絶対にSSDの方が良いです)
GPU: Nvidia Geforce GTX 1080Ti
無線ルーター: NEC Aterm WX3000HP(Wifi6に対応している為)
※OculusQuest2本体の無線規格は、公表されていませんがWifi6のチップが乗っているそうです。

始める前の注意点

それでは実際に画面で説明していきます。注意点として、
PC側のネットワーク接続が有線に限られるという事です
念のためにノートPCでも試しました。結論として、
無線接続しているノートPC(デスクトップPCでも)だと途中で進めなくなります。
なんとかPCとルーターをLANケーブルで接続しましょう
下記がイメージです。

 

VR機器が複数接続されている場合

現在はQuest2しか使用していませんが、以前OculusRiftと初代Questを両方使っていた時期がありました。その時、Riftが接続されたままVDやALVRで無線接続しようとするとQuestがPCアプリ側で認識されない事がありました。おかげでQuest2が発売されAirLinkが実装されるまでは両方の機器を使っていてPCVRはRift、ビートセイバーはQuestでといった使い方をしていました。
たしかAirLink実装時にも試したと思いますが、上手く動かなかったような気がします。
結局Riftのケーブル(HDMIとDP)を外したら上手く動いたためにRiftは封印されました。
なのでQuest以外のVR機器をお持ちで先にその機器を接続している場合に上手くLink機能が使えないかもしれません。お手数ですが、Quest以外のVR機器のケーブルをPCから抜線してみると認識するかもしれません…※様々な要因が考えられるのでこれでも解決しないかも(´・ω・`)

PC側Oculusアプリの設定

PCへOculusアプリをインストール

まずはともかく、ご使用中のPCへ「Oculusアプリ」をインストールしましょう。
こちらのページ(https://www.oculus.com/setup/)よりソフトウェアのダウンロードをして下さい。
ダウンロードされた「OculusSetup.exe」を実行してインストールを開始します。
表示される指示に従って頂ければ特に問題ないと思います。(ただしソフトインストール先は余裕のあるSSDに設定してもらった方が良いです)

※インストール先を変更したい場合はここの画面で変更して下さい
追記 再インストール時に場所変更しようとしたら無理でした(´・ω・`)すみません

※ダウンロードされたソフトにデータは入っておらず毎回個別のデータが別途ダウンロードされます。もちろんネット環境で速度が左右されます。

初回時のみそのままFaceBookアカウントと紐づける画面とその次にHMDの選択画面が出ます。
もし過去にインストール済みで、アンインストールからの再インストールをするとスキップされます。
※過去にインストール済みの場合であれば、次の段落で説明をしていますのでそちらをご覧下さい。

当記事ではQuest2で進めます。
Quest2を選択して次へを選択して下さい。

ここはお好みで良いかと思います。
当記事では「Air Link(ワイヤレス)」で進めます。選択して次へ進んでください。v37以降はここで2段階認証が必要になります。
※有線接続したい場合は後述の「AirLink」は有効にしないで下さい。Oculusホームが起動しません。

一旦設定を終了しPC側はアプリを立ち上げておいて下さい。

既にインストールした事がある場合、もしくは初回設定をスキップした場合は

上記のように左のメニューから「設定」→「ベータ」→「Air Link」のボタンを有効にして下さい。
その後、デバイス設定メニューに行くと一つ前で説明したHMDの選択画面が出ますので同じく進めて下さい。
ちなみに、ケーブルを使用して有線接続をしたい場合は、この「AirLink」が有効になっているとPC側でデバイスとして認識されてしまいPCアプリのOculusホームが起動しませんので注意して下さい。

v37アップデートにてベータ欄よりAirLinkの項目がなくなり標準機能となりました。

Quest2側の設定

Quest2側での手順

まず「Oculus Air Link」の使用をONにしなければいけません。
クイックメニュー右上の歯車ボタン「設定」→「テスト機能」→「Air Link」をONにします。

ここでAir Linkの要件という画面が表示されます。
無線の要件やPCのスペック性能が満たしている事と注意を促されます。
PC側で準備されていれば次の画面で接続されたコンピュータが表示されます。
※ちなみに元々デスクトップPCとペアリングしていたのですが、ノートPCでチェックした際に
設定時にペアリングが出来ずに「ペアリング(グレーアウト)」→「起動(グレーアウト)」を繰り返す事象がありました、
改めて「設定」→「テスト機能」→「Air Link」をOFFにして直ぐにONにする事でペアリングが成功しました。

ここで機器接続の画面がでます。無線ルーターで接続された家庭内のPCが表示されますので「ペアリング」に進んでください。
※もしこの画面でお使いのPCが表示されない場合、何らかの理由で家庭内のネットワークに入れていない事が想定されます。

問題なければPCとの接続が出来るはずです。
ここで起動を押します。

少し読込に時間がかかるかと思いますが、完了すればPC側のOculusホームに画面が切り替わります。
こちらのホーム画面ですが、Quest側と違い色々と遊べたりします。
画面左上の方に移動すれば、光線銃と弓が置いてあるのですが、

実際に的に弓と矢で狙い撃てます。ARROWごっこが捗ります。
ちなみに弓矢ゲームでは「In Death: Unchained」がオススメです。
※Oculusアプリの「設定」→「一般」→「Oculusホームの自動起動」をオフにしておくとこのホームは起動しません。

Oculusホーム内からの操作

Oculusホームからのデスクトップ画面の表示と終了の仕方

右手コントローラーの「Oculusボタン」を押すと下にずらっと並んだメニューが出せます。
こちらの右から2番目のPCモニターのアイコンを押すと、接続したPCのデスクトップに切り替えるので、そちらからSteam→SteamVR起動まで出来ればSteamVRのゲームも遊べます。
また一番左のAirLinkというゴーグルのアイコンで上記画面が出ますので、終了してもらえばQuest側へ戻れます。

自分が確認したトラブル

2022/03/21 オーソドックスな繋がらないパターン

v37のアップデート以降、正式な機能として更新されましたが、現在一番多く当たるのは上記画面のようにPCと接続は設定済みだがAirLinkが起動出来ない現象です。本来、PCの電源が入っていてPC版のOculusアプリが起動していた場合、画面右中段の「Oculus Air Link」の項目にPCのネームが表示されます。ところがこの場合は接続されていない事になっています。私が試した解決手段としては下記になります。
そして、この現象は毎回発生するわけじゃありませんw何故か1回で上手く行く時もあれば解決法を試して何度も失敗する場合もあります。

・PC側のOculusアプリの「設定」→「ベータ」→「Oculusを再起動」
・Quest側のWifiのオンオフ(スマホみたいですね)
・どちらも駄目なら、どちらも再起動

上記と類似パターン

やっと接続出来たと思ったら、この画面で落とされるorこの画面に行く前に落とされるというパターン
ただし、このパターンはPCとの接続が出来た事が確認された後なのでしつこくAirLinkの起動を試したら上手く行く場合です。

※21/12 アップデートで2段階認証に変更された!?&なんかやたらと不安定

久々にAirLinkを起動したら、いきなりペアリングコードの要求されました!?
PCアプリ側にも表示され、PC側で確認が取れたらAirLinkの接続が可能になります。

Questのv35アップデートからAirLinkの接続がやたら不安定になってしまいました!
PCアプリ側でペアリングコードを使用して接続した後でも、直ぐに切断される事象が散発。
Quest本体の再起動したり、設定項目の「AirLink」のオンオフしたりして何とか接続できる印象です。
私だけかもしれませんが、もしかしたら他のユーザーさんも同事象になってるかもしれません。

複数端末でOculusアプリをインストールしているとその端末が全て稼働中に上手くペアリングしない

※1/9追記 複数端末(デスクトップ、ノート)にPC版Oculusアプリがインストールされている場合、何故か任意の端末からAirLinkが起動が出来ない場合がありました。
AirLinkを起動したい端末以外の電源を落とした後、起動したい端末を再起動する事でAirLinkが起動出来ました。

※更に追記
PC版Oculusアプリがインストールされた端末はOculusの特定のプロセスが起動時に開始されます。
電源を落とす以外に解決法がないか試してみたところ、起動させたくないPCでこのプロセスを終了したら問題ありませんでした。
どちらかというとOculusというよりはWindowsの手順になります。

1.Windowsのデスクトップ画面下段のタスクバーの右クリック

2.タスクマネージャー→バックグラウンドプロセスの欄から対象のプロセスを右クリック→タスクの終了を押す
下記の3つを全てタスクの終了をする

これでそのPCではOculusアプリが稼働していない為、任意のPCと干渉する事が無くなるはずです。

ちなみに要求スペックに満たない場合

当記事を更新した際に、ビジネス用途で最近購入したノートPCを有線LANケーブルで接続してOculusAirLinkを試してみました。
で試した結果、ゲーミングノートPCですらない為Oculusホームまでは行けましたが、
動作がガックガクで使い物になりませんでした…
やはりゲーミングPCのスペックは必要ですね。
※このノートPCのCPU:AMD Ryzen 5 4500UでGPUは内蔵のものです。

Oculusホーム画面に行けない場合

通常、Oculusホームアプリ側へ切り替わるのですが上記の画面で停止して何も出来なくなる事がありました。
PCの再起動をしても駄目だった為に、Oculusアプリのアンインストールを実施し再インストールで復旧できました。
もし、これでも駄目ならQuest側もオールリセットで初期状態にした方が良いかと思われます。

ただし、注意点としてOculusアプリのアンインストールをするとOculusゲームのインストールも削除されますので
当然、セーブデータ含む諸々が削除されますので、バックアップを取っておいた方が良いです。
・(インストールドライブ):\Oculus\Software\Software の配下にゲームフォルダがあります
こちらの該当ゲームのフォルダまるごとバックアップでOKです。ただし容量はそのまま使いますので、空き容量に注意です!
念の為、以前バックアップを取っていたThe Unspokenというゲームはちゃんと以前の進行データから再開できました。
全てのゲームで上手く取れるかは分かりませんので、ご了承下さい。

Quest(1、2)のデータバックアップに関しては、どうしようもありません。
SideQuestと呼ばれる外部アプリを使えば可能ですが、それなりに複雑ですので当ブログでは扱えません。

※追記
アップデートによってQuest内のゲームのセーブデータがクラウドバックアップされるようになりました!
下に説明を追加しています。

v35アップデートでクラウドバックアップが出来る様になりました!

MetaのQuest公式ページ(https://www.oculus.com/)でログイン後→プロフィール選択→上のマイページが表示されるのでクラウドバックアップの欄を選択
いつアップロードされているかが分かりませんが、稼働させると常時アップロードされるようです。
ちなみにバックアップ不可のものはほとんどなくQuest発売初期からのゲームも対応していました。64GBモデルの本体のユーザーさんは待望の機能と言えます。

地味にPCアプリで再起動するのが解決する事になるかも

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、PCのOculusアプリの設定欄→ベータ→「Oculusを再起動」という項目があります。
これはプロセス等の再起動をしている様で、AirLinkが上手く接続できなくなった時に再起動をすると、一旦アプリが落ちますが自動で立ち上がります。
立ち上がりの際に再度AirLinkの接続をしますので、あっさり接続が出来たりします。※これで解決しない場合もあります(´・ω・`)

SteamVRが上手く動かない場合

OSごと再インストールしてからというもの、AirLinkでは接続出来るのにSteamVR側で認識されない事象が頻発(´・ω・`)
都度上記の提供元不明のところのオンオフしてますが、大体繋がるようになりました。どういう条件で発生するのかわかりません。
何となくOculusのプロセスやSteamVRのプロセスが悪さしてる感じです…

現在のPCVRゲームはおよそ遊べる

PSVRでしかリリースされていないゲームもあって、「MARVEL'S IRONMAN VR」なんかはぜひSteamとかでも出して欲しいのですが、
ここまで出来れば、大体のVRゲームは可能になります。後は、PCの性能や環境次第ですが昨今はゲーミングPCの需要もありますので、
Quest2とゲーミングPCでVRゲームも十分に楽しめる事だと思います。

さらに、ここまでご覧になられたゲーミングPCをお持ちのモンハン世代の方へおすすめ
Steamでモンスターハンターライズの体験版が配信されていますが、VR化してプレイする事が出来ます。
特にMHP2ndGや3rdのユーザーだった方にはおそらく理想のモンハンが見えてくると思います!※非公式なのでご注意下さい。

まとめ

上手く動作しない場合

・まずPC側のOculusアプリのアンインストール→再インストール
・それでも駄目なら、Quest本体の初期化(リセット)
・PCと(無線)ルーターはLANケーブルを使用して接続
※グラフィックボードのドライバ起因による事象もあるようです

私は、幸いにもOculusアプリの再インストールで事なきを得ました。
Questは大変高性能な機器なのですが、まだまだゲームを遊ぶというところのユーザビリティは完備されていません。
例えば、「ソードオブガルガンチュア」なんかは進行データがサーバー側にあり
FBアカウントと紐づけの様で本体を変えようが問題ありませんが、
ほぼ全部のゲームは通常手順ではバックアップ不可能です。
ベースがAndroidなので何とかして欲しい所ですね。

別の手段としてバーチャルデスクトップを使う

別記事で紹介しておりますが、「OculusAirLink」で上手く動作しない等で
別の無線接続用ソフト「VirtualDesktop」というソフトを使う手段もあります。
有料のQuestアプリになりますが、そちらを検討しても良いかもしれません。
※あまり大きな声では言いませんが、OculusストアもSteam同様に返品システムがあります。
公式のページ(返品と返金)にもちゃんと説明されています。という事は|д゚)
https://support.oculus.com/articles/orders-and-purchases/returns/index-returns/?locale=ja_JP

それでも駄目なら有線もあり

どうしてもAirLinkで安定しないという事であれば、有線接続を試してみるのもいいかもしれません。(ルーター機器を最新のものにするのもおすすめです)
公式からのケーブルは少しお高いのですが、安心できるのでおすすめです。
お安めのAnkerのUSB Type-Cのケーブルもあります。

↓22年3月発売のAnkerの新型ケーブル Quest2対応となっています。4.9mと長いです。値段も少しお高めですが充電しながらプレイを謳っています





  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KeiN

VR業界が何となく盛り上がってきたので
当ブログを開設しました。
訪問頂いた方、ありがとうございます。
メモリ増設したらVRゲーが出来なくなりました
メモリは最初から積めるだけ積みましょう
自己紹介

-Oculus, VR